2013年10月18日

教科書です

毎度おおきに。肉のヒライ はむかつです。



宝島社から出ている「焼肉の教科書」
コンビニで気になって購入してみましたが、これがアタリ。
お肉の部位も細かく説明があり、その他の雑学もなかなかの充実度。
どこの部分、というだけでなく、具体的な食味もしっかりと買いてあるのが良いですな。
牛以外の豚・鶏とかも、あまり知る機会が無いので勉強になります。

・・・読んでるとお腹が減る(笑)
  


Posted by はむかつ at 21:43Comments(0)お肉を知る

2013年07月16日

写真がタマリマセン

 毎度おおきに。肉のヒライ はむかつです。


 社長からお借りした雑誌「dancyu」(ダンチュウ)8月号

 書店なんかでお肉がらみの雑誌なんかは割りと見るようにしているんですが、この雑誌は初めて見ました。
 今号は「赤身肉」や「熟成肉」の特集です。
 だいたいのお肉の本って、お店の紹介がメインだったりする事が多いんですが、色んな手法でお肉にアプローチしていて面白いです。
 次号もまた借して貰おうかな(笑)
   


Posted by はむかつ at 21:54Comments(0)お肉を知る

2013年07月11日

明日発売!!

 毎度おおきに。肉のヒライ はむかつです。


 てんこもりのトップページでも出てきてますが、「まるはりMOOK はりま肉グルメ本」
 いよいよ明日発売です。
 牛・豚・鶏の美味しいお店やランチ情報、そして精肉店も紹介されてます。


 むふふ~、チョットだけフライングしてページ紹介。
 ウチの店もドド~ンと2ページに渡って掲載されております!
 
 ・・・記事の内容がよく見えない?

 それは明日、本を購入してからご確認ください(笑)
 
 税込み980円で、書店やコンビニで販売。ぜひぜひチェックをお願いいたします~。  


Posted by はむかつ at 21:07Comments(0)お肉を知る

2013年05月03日

肉の「ザブトン」

 毎度おおきに。肉のヒライ はむかつです。

 


 現在放映中の「クリアアサヒ」のTVコマーシャル。
 美味しそうに焼肉を食べているシーンが何とも美味しそうですが、CM中に、タレントさん達がしきりに「エーゴのザブトン」を連呼していますが、はて、「エーゴのザブトン」とは何でしょう。

 


 解説しましょう。
 「ザブトン」とは、肩ロースと呼ばれる部位の内側にある部分で、1頭から僅かしか取れない希少なお肉なんですな。
 「ハネシタ」とも呼ばれますが、その見た目から、特に近畿圏の食肉通の間で「ザブトン」と呼ばれるようになったそうです。
 関東だと「特上ロース」になるんだったかな?

 


 はい、そのお肉の画像がコチラ。
 肩ロースの、赤丸で囲ってある部分がザブトンです。
 各部位の中でもサシ(霜降り)の入りが一番、と呼ばれるだけあって、どうですか、このビッシリとキメの細かく入ったサシ。
 それ故に、肉質はとろけるような柔らかさで、溶け出す脂も相まってとってもジューシー。
 そして、美味しく食べるには焼肉がオススメ。
 焼き過ぎだけには注意が必要ですが、そらもう、格別の美味しさです。



 ・・・ちなみに「エーゴのザブトン」の「エーゴ」は「A5」
 つまり「牛肉の格付けにおいて最高の証であるA5ランクの希少部位ザブトン」の意味になりまして、CMの人達、実はめちゃめちゃゼータクな焼肉を楽しんどるワケなんですな(笑)

 ウチも、「神戸ビーフザブトン」を絶賛販売中ですので、肉のヒライ楽天市場店をぜひ一度、覗いてやってください(笑)  


Posted by はむかつ at 20:09Comments(0)お肉を知る

2012年06月30日

さらば生レバー

 毎度おおきに。肉のヒライ 牧場担当 はむかつです。

 


 とうとう、生レバーが食べられなくなってしまいました。
 ウチの店でも、生レバーに関する問いあわせが多かったですね~。
 すでにウチでは「加熱用」でしか販売しておりませんので、ガッカリするお客さんも結構いたような。
 
 それにしても、このままやと食べる物が無くなってまうでホンマに・・・。
 
 厚生労働省のホームページ
 ↑文字をクリックするとホームページに飛びます。
 なんとか、また美味しい生レバーを食べられる方法が見つかる事を願います。  


Posted by はむかつ at 21:34Comments(0)お肉を知る

2012年02月16日

神戸ビーフタクシー

 毎度おおきに。肉のヒライ牧場担当 はむかつです。

 今日の読売テレビの放送はご覧いただいたでしょうか?
 ウチの加西牧場がバッチリと登場していました。

 番組の流れとしては、神戸に「神戸ビーフタクシー」というものがあり、観光を兼ねたコースを走り、神戸ビーフを食べられる美味しいお店を案内する、というもの。
 それで、最近マカオに神戸ビーフを出荷した牧場、という事でウチに白羽の矢が立ったワケですな。
 そして、三宮や元町の中華街を中心とした、神戸ビーフを様々な形で提供しているお店紹介、といった感じでした。

 それにしても、タクシー業界も色々と工夫されているんですなあ。
 そういえば、「スイーツタクシー」なんてのもありましたが、確かに、観光がてら美味しいお店を見つけたりするのに丁度良いかも知れません。
 タクシーで観光なんて、ちょっとした贅沢気分も味わえますし。
 
 記念日とかで利用してみたいですな。
 
 


 「近畿タクシー」さんのホームページ
 ↑文字をクリックするとホームページに飛びます。
 様々なアイデアと工夫を凝らしたサービスなど、面白い企画がたくさん。
 見るだけでも楽しいので、ぜひチェックしてみてください。
                             


Posted by はむかつ at 19:51Comments(0)お肉を知る

2011年09月30日

食品衛生法改正

 毎度おおきに。肉のヒライ牧場担当 はむかつです。
 
 


 健康福祉事務所から封書で送られてきました。
 因みに説明会は、飲食店や食肉業務に携わる関係者を対象に、10月4日から西播地域からスタート。
 加古川を始めとする東播エリアは、10月11日に行われるようです。
 法改正は明日からです。
 これについては一言しかありません。

 遅いがな!

 肉の熱処理による行程が加わる事になっていますが、それに伴って当然コストもかかります。
 そんなモンは今日明日にハイそうですか、と出来るものではありません。
 う~む・・・。

 それにしても、地震の影響で発生した、放射能による被害は東京電力がほぼ賠償する形になるなら、今回の件で発生する、安全の為仕方が無いとはいえ発生する「ある意味無駄なコスト」は、事件を起こした焼肉グループに賠償させても良いんじゃないかと思うのは、少々乱暴でしょうか。  


Posted by はむかつ at 18:21Comments(0)お肉を知る

2011年09月27日

ウマイお店がイッパイ

 毎度おおきに。肉のヒライ牧場担当 はむかつです。

 


 ぴあMOOK関西
 「丸ごと一冊肉の本 20011~2012関西版」

 な高級レストランから駅前の立ち飲み屋さんなど、近畿圏内の焼肉屋さんを沢山紹介しています。
 種類も牛肉・豚・鶏のほか、串焼き・揚げ物・ハンバーグなどのお店もクローズアップ。
 食欲の秋を満たす、美味しいお店情報いっぱいです。

 


 そして、昨日の記事で紹介した「かね竹」さんも、バッチリ掲載されております。
 雑誌媒体では頻繁に出てきてるんじゃなかったかな?
 う~ん素晴らしい。

 


 最後の見開きページにドド~ンと広告も。
 こういうページって、物凄く金額がかかりそうなんですが、どうなんでしょ。
 それにしても、とても目立つ広告ですな。

 そして、この広告ページの左下に注目!

 


 ナントッ!ウチの牧場を紹介してくれているではありませんか!!
 かね竹さん、有難うございます!!
 やっぱり持つべきものは、エエ取引先なんやな~(笑)
 
 ・・・ちなみに、まだ若くトンガッていた頃の、ウチの専務の写真が目印です(笑)

 各お店へのアクセスや推定の予算はモチロン、お肉の予備知識なんかもあって、豊富な内容です。
 定価は税込み690円。コンビニ・書店で絶賛発売中!

 美味しいお肉を食べに行く時の参考に、ぜひどうぞ。
  


Posted by はむかつ at 22:28Comments(0)お肉を知る

2010年08月13日

工夫

 毎度おおきに。肉のヒライ 牧場担当のはむかつです。

 


                        よ~飲んでます。
 親牛のお乳が出にくい場合は、人工的に作ったミルクで補います。
 哺乳用器の乳首に違和感を覚えるため、始めの内は抵抗しますが、慣れてくるとこの通り。
 黒毛和牛の子牛は、他の牛に比べても相当デリケート。
 すぐにカゼなどの体調不良を引き起こしやすいので、気をつけたいです。

 さて、昨日の晩ご飯は豪勢に焼肉に繰り出したのですが、そこでのサービスにチョイとビックリ。
 



 加古川にある焼肉屋「いこる家」さんです。
 上の写真は、いうなればポイントカードでして、まあ、いくらかポイントが溜まれば何円か値引きとか、そういう物です。
 しかし面白いのは、最初の注文取りの時にこのカードを提出すると、なんと「会員専用のメニュー」が注文できるようになるんですねえ。これは新しい。
 
 それにしても、カードの名前がストレートで良いです。
 というのも、お店で扱うお肉を「黒毛和牛」にこだわっているようで、レジの横には、その日にお店で出される牛の「個体識別番号」まで表示されています。
 この「個体識別番号」というのは、各農家で牛さんを管理する時に付けられるもので、
 ・いつ、どこで生まれたか。あるいは、子牛の時にどの農家に買われたか。
 ・肥育用(食肉として、大きく育てること)の牧場へ、いつ・どこへ行ったか。
 ・いつ食肉として処理され、出荷されたか。
 つまり、この番号で、その牛の履歴がすぐに分かるというものなんです。

 これは、取り扱っている牛肉に自信が無いと、なかなかできないんじゃないかな?
 メニューも楽しいのが多いので、一見の価値アリです。

 ・・・ウチの肉も扱ってくれないかな(笑)

 外食産業も、いろんな工夫で勝負してきていますね。

 
 いこる家さんの新メニューは「ランプ肉」(背中からお尻にかけての部分)!
 当店は、そのランプ肉をステーキサイズでお届け!
 数量限定商品なので、今すぐ当店HPをチェック!!
 コチラから→http://www.oniku-hirai.co.jp/
 

   


Posted by はむかつ at 13:52Comments(0)お肉を知る